4さい以上のお子様の診療について of ゆめ歯科クリニック

当院では4さい以上のお子様の治療は、なるべく保護者の方には待合室でお待ち頂くようお願いしています。

かと言って、このタイトルをご覧になった多くの保護者の方は、

「初めて行く歯医者さんだし、まだ小さいのに一人で治療を受けさせるなんて心配・・・」

とお思いなのではないでしょうか?
実際、診療室に一緒に入りたいという方、待合室で待っておきたい方、いろいろいらっしゃいますし、泣きわめいてる子を無理やりスタッフが押さえつけて強制的に治療したりすることも決してありません。万が一強制的に治療を進めなくてはならない場合は、必ず保護者の方にも了解を得たうえで治療しますのでご安心ください!

ここでは、なぜ4さい以上のお子様にはなるべく一人で治療を受けていただく「母子分離」という診療方法をお勧めしているのかを説明しますね。

「まだ4さい?」 「もう4さい?」

4さいって確かにまだまだ小さいですよね。お母さんから離れるともちろん最初は不安がります。
しかし、脳の発達的には、ものごとに対する理解力が増し、苦手なことにもどんどん挑戦し、成長していく時期なんです。
 一般的には

• 2歳までは一緒が良い
• 3-4歳は小児の行動を十分に観察し母子分離診療ができてくる。必要があれば同室させる。
• 5-6歳では不要

と言われており、実際3さい半ごろから、ドクターとお子さんとの間に信頼関係が築けた場合、8割のお子さんがちゃんと落ち着いて診療できます。
子どもでもきちんと説明し、話をすれば納得してくれます。当院では、お子さんとのコミュニケーションの中で、その子の成長に合わせて無理なく一人で治療を受けてもらえるよう努めていますのでご安心ください。

一人で治療を受けたほうが良い理由

歯の治療は「タービン(歯を削る器具)」や「薬液」など危険なものを使用して治療します。ちょっとした手術ですね。
しかも虫歯等は進行するので、できるだけ早く治療を完了しなければなりません
そのためには、お子さんが”できるだけ動かずに治療を受けてくれる”ことがとても必要です。
お子さん自身が「、「この先生なら一人でも大丈夫!頑張ってみよう!」というやる気を持って治療に挑んでもらわないといけません。
しかしドクターとお子さんとの信頼関係ができないと、やる気も起きませんよね。そのため、治療の前にはお子さんとコミュニケーションをとって信頼関係を築けるよう努めますが、その際保護者の方と一緒ですと、”痛い・怖い・逃げたい”というのがお子さんの本音でしょうから、甘えてしまうというか、「助けてほしい」という気持ちが出てしまい、泣いてしまったり動いたりと、治療の妨げになってしまうことがあります。
また、「助けてほしい」という気持ちのままで、ドクターとの信頼関係を築くのはとても難しくなります。
その他にもお子さんを気遣っての「すぐ終わるから」、「みるだけだから」などの声かけが、逆に「みるだけって言ったのに治療されたぁ!」というウソになってしまい、後々の治療の妨げになる場合もあります。
このような理由から、保護者の方には治療中は待合室でお待ちいただいたほうが、お子さんとの信頼関係を築きやすく、結果として治療がスムーズに行える場合が多いので、当院でもなるべく母子分離診療を勧めているんです。

実際、お子さんと信頼関係が築けてくると、一人で挑戦したほうが治療に慣れるのが早いようです。保護者の方が思うより、お子さんは一人でもしっかり治療できてますよ!

一番大切なこと それは「保護者の方と私たちとの信頼関係」です

”大切なお子さんを預ける・預かる”ために、もっとも大切なのは、やはり保護者のかたに私たちを信頼してもらうということです。
親御さんの見ていないところで行われる治療に不安を感じられる方もいらっしゃると思いますが、お子さんにどのような治療をするのか、どのくらいかかるのかなどきちんと説明し、ご納得いただいてから、診療に入りますので、何かご不明な点や不安がありましたら、ご遠慮なくおっしゃってください!!

また、治療中でも
・保護者の方に見て頂く必要があるときはすぐにお呼びします。
・付き添いが必要だと判断した場合は付き添って頂きます。
・治療のあとは、行った内容と次回の処置について必ずお話しします。

小さなお子さんも「一人の患者さん」として、きちんとした治療をしたいと思っています。

もちろん、無理に母子分離をお勧めするわけではありませんし、お子さんによっても違うと思いますので、臨機応変に対応しております